2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

勝利で交流戦を締めくくる

kage

2018/06/20 (Wed)

交流戦最終戦となった昨日の試合。

試合結果 DB1-7E 機動力で連勝!

<楽天>田中が快進撃 4安打2盗塁止まらぬ躍動 理想的な展開演出
 東北楽天は理想的な試合運びで交流戦を2連勝で締めくくった。
 光ったのは2年目のリードオフマン田中だった。一回、内野安打で出塁し、すかさず二盗。茂木の二ゴロで三進し、島内の二塁への打球が高く弾む間に、快足を飛ばして本塁を陥れた。平石監督代行は「田中が出て、走って、進塁打を挟んで、島内の高いバウンドで得点する最高の攻撃だった」と手放しで喜んだ。
 田中の躍動は終わらない。五回までに内野安打を3本放ち、本塁に2度生還。1番の役割を全うした。手元で細かく変化するDeNAの先発バリオスの特長を考えて、「転がして、好機を広げることを意識した」と納得顔だった。
 五回には俊足を駆って、この日2度目の二盗を決めた。「相手投手がこちらをちらちら見ていた。ストレスを与えているのがうれしかった」。警戒されながらの成功に笑みがこぼれた。
 平石監督代行になってから打線は2試合連続で2桁安打を記録した。1~5番の上位を固定した打線に、指揮官は「これが今の一番の形。その日の状態を見て、打順を組み立てている」とにやり。監督辞任のショックから脱し、チームは持ち味を生かして落ち着いた戦いを取り戻しつつある。


純国産打線で臨んだ昨日,やっぱりこう来たか・・・という展開でした。
相手の立ち上がりを足でかき回して得点につなげる。
1回の攻撃などかーくんの内野安打から,送りバントなしタイムリーなしでの先制劇は見事でした。
俊足のバッターを1,2番に据えるとこういう作戦が取れます。
昨日は機動力で先制後,中押し,そしてもぎもぎの3ランでダメ押しとカンペキな攻撃でした(^_^)v

イーグルスのすべき攻撃は,ライオンズのように一発を放っていくのではなく機動力を使った攻撃。
これまでの監督もそう考えていたのでしょうが,イマイチ浸透しませんでした。
昨日はそれをやってみせました。
たまたまハマっただけかも知れませんが(^^;
でも,これは期待できそうです。

そして,古川くんが3連勝!

楽天・古川 直球決まらず苦心の投球で3連勝「チェンジアップとカーブがよかった」
 楽天が7―1でDeNAに快勝。交流戦最終戦を白星で飾った。先発の古川は6回を4安打1失点にまとめ、自身初勝利からの連勝を3に伸ばした。

 古川は自身の投球を振り返り「自分の武器である真っ直ぐが決まらず、少し苦しいピッチングになった」語った。しかし「チェンジアップとカーブがいいところに決まってくれた」と、課題にしていた変化球が良かったことを明かした。打線は田中の4安打を筆頭に、7得点の猛攻で古川を援護。「野手の方には感謝」と素直な気持ちを述べた。

 交流戦になってもチームはなかなか白星に恵まれず、パ・リーグの借金を全て背負う苦しい展開。そんなチーム状況を顧みながら「チームに勢いを与えるように自分の投球をしていきたいと思う」と、ファンに巻き返しを誓った。


6回を4安打1失点,球数も87球と上々のピッチングでした。
課題をもって投げ,それをクリアすることによってまた一歩進化しました。
これでストレートが安定して決まるようになったら,十分先発ローテに入ります。
あとは完投できるスタミナをつけてほしいですね。

梨田さんが辞任してイーグルスらしさが出てくるのはちょっと皮肉な感じですが,
この戦いぶりを梨田さんはきっと喜んでくれていると思います。

明後日からはリーグ戦が再開します。
セ・リーグ相手には勝てましたが,ここからが真価を問われます。
選手達には平石さんの考えをきっちり実行してほしいと思います。
スポンサーサイト

逆襲が始まる・・・

kage

2018/06/18 (Mon)

梨田さんから平石さんへ指揮官が交代したイーグルス。
昨日は新たな船出となる試合でした。

試合結果 E8-0T 打線爆発で美馬今季初勝利

低調だった打線が爆発…楽天を再起動、平石監督代行の「動くときは動く」野球
 先発の美馬は初回、2回と得点圏に走者を許したが、今季初のサードで先発した今江の好プレーなどに支えられ無失点で切り抜ける。すると2回裏、4番に入ったその今江が阪神の先発・才木のスライダーをセンター前に弾き返し出塁。続く銀次がカウント2-0から甘く入った145キロのストレートを右中間スタンドへ運び楽天が先制する。さらに4回にはアマダー、藤田が2者連続でライトスタンドに運ぶ本塁打攻勢で加点し、4-0とリードを広げた。

 5回には田中の四球、茂木のセーフティバントで無死一、二塁のチャンスをつくる。続く島内が送りバントに2度失敗するが、ヒッティングに切り替えセンターフライを放つ。やや浅めだったが、二走の田中がタッチアップで三塁を狙うと送球が乱れセーフとなった。茂木も送球間に二塁に進みチャンスを広げ、銀次の申告敬遠を挟んでアマダー、藤田の連続タイムリーが飛び出して4点を追加し8-0。ここまでの交流戦16試合の平均得点が2.3点にとどまっていた楽天打線が突如目覚めた。

 大量援護を受けた美馬は内角を突く強気の投球で阪神打線を封じ7回3安打無失点の好投。8回は青山、9回は福山がやはり無失点に抑える完封リレーで締め8-0で見事勝利した。美馬は9度目の登板でのようやくの初勝利となった。

 この日の朝、楽天生命パーク宮城で監督代行就任会見を行った平石監督代行は、「正直いまだに気持ちの整理はついてません」と戸惑いを見せながらも、目指す野球を聞かれた際には「熱く、アグレッシブに」「動くところは動く、信じて打たせるところは打たせる」「(投手には)ゾーンで勝負してほしい」と宣言。午後からの試合で、チームはこの言葉そのままの野球を披露した。

 2回、銀次に本塁打が生まれた無死一塁の場面。ここ最近の楽天は犠打を選択することが多かったが、打たせたことが吉と出た。「序盤はむやみやたらに動かず、落ち着きを与えたかった。銀次がここ最近の状態がいいというのもありバントは頭になかった」「このホームランが勇気を与えてくれた」(平石監督代行)。

 一転、5回に訪れた無死一塁の場面では茂木にセーフティバントのサインを出し成功。さらに田中の果敢な走塁でチャンスを広げた。「あそこはもう1点ほしかった。茂木はセーフティがうまいので」「(田中の走塁は)食らいついてセンターフライを打った島内が救われた。いい走塁だったと思います」。まさにアグレッシブで、動くときは動く野球だった。

 快勝に「素直にうれしい」と安堵の表情を浮かべた平石監督代行は言った。

「ベンチから大きな声が出ていたこと。それが本当にうれしかったです」

「2軍監督を2年やらせてもらっていたのでバタバタすることはありませんでした。でもこの辺(心臓付近)がキュッとするような。そんな感じはありました」

 構えず、感情を素直に言葉にするところにその人柄がうかがえた。若き指揮官が楽天イーグルスを再起動する。


38歳と選手にとっては兄貴分の指揮官,ベンチでは笑顔も見えました。
選手達も前日の梨田さんの辞任に感じることがあったのか,溌剌と元気を出していこうという態度が見られました。
平石さんとコーチ陣がよくコミュニケーションを取っている場面も見られ,チームが一丸となって勝ちに行こうという気持ちが感じられました。

巷では戦略室の介入の報道があります。
戦略室の仕事は大事,でもそれに現場が振り回されてはいけない。
以前もここに書いたように,データは毒にも薬にもなります。
平石さんはここまで選手達を見てきた自分の目を信じて,選手達を起用してほしいと思います。
なんたってイーグルスを創設時から知っている人ですからね。

で,美馬くんはやっと,やっと初勝利です( ;∀;)
これまでは好投しても無援護で負け投手になり,本当に落ち込んだことでしょう。
それでもくさらず自分のすべきことをしてきたことで,初勝利につながりました。
ゲームセット後,ウィニングボールを平石さんに渡していましたが,それは初勝利の美馬くんの手元に戻されました。
これをスタートに,勝ち星を積み重ねていってほしいです♪

打つ方は銀ちゃんの先制HRで波に乗りました!
そこから合計3HRを含む12安打8得点の猛攻(^_^)v
特に5回,2死満塁から連続タイムリーで4点取れたのが大きかったです。
今までは満塁でほとんど得点できませんでしたからね(^^;

久しぶりに投打の噛み合ったナイスゲームでした。

でも,喜んでばかりはいられません。
今後これを続けられるかが大事になってきます。
しばらくは打線をいじらないでほしいですね。
あ,ディクソンがケガでした(ーー;)
抹消になるかも知れませんね~。
だったら,代わりに岩見くんか内田くんを使ってほしいなぁ。
あとは外国人枠が空くから宋くんも。

ここまで来たら失うモノは何もありません。
最下位からの逆襲劇を期待!

やっぱり借金20がデッドラインだった

kage

2018/06/16 (Sat)

昨日と今日のタイガース戦に関していろいろと思うところを書こうと思っていたら・・・・

監督人事に関するお知らせ

いつも楽天イーグルスを応援いただきありがとうございます。
このたび、梨田昌孝監督より球団へ辞任の申し出があり、これを受諾したことをお知らせいたします。
なお、6月17日(日)阪神タイガース戦より平石洋介一軍ヘッドコーチ兼打撃コーチが監督代行を務めます。


ついに来ましたか。
個人的には借金20の時点で何か動きがあるだろうと思っていましたが。

今日もチャンスで当たっているかーくんや今江さんにバントをさせるなど意味不明な采配がありました。
則本を引っ張るならキャッチャーを替えるべきではなかったし,どうもチグハグな采配でした。
もう辞任する気だったからなのでしょうかね。
だとしたら,なんだかとても悲しいです。

監督が星野さんから梨田さんに替わったとき,近鉄戦士の血がイーグルスに流れるんだなぁとワクワクしたことを思い出します。
1年目は戦力把握期間,そして2年目の昨シーズンは前半の快進撃,今シーズンこそ優勝争いの筆頭かと思いきやこの有様。
辞任は仕方がないでしょう。
更迭という形を取らなかったことが,球団のせめてもの誠意ですかね。

しかし,以前も書いたように経営陣にも責任があるんじゃないですか?
昨シーズンAクラスだったからと大きな補強をしなかったところに甘さはなかったのか?
現場になんの相談もなくマウンドの改修をしたり応援の形態を変えたりして,選手やファンを混乱させた責任は誰が取るのか?!
野球経験のない経営陣が生半可に野球を勉強して,その理論に基づいて運営しているという批判も聞きました。
そんなことからも,現場と経営陣が同じ方向を向いているとは到底思えないんですよね~。
現場が監督辞任という形で責任を取ったからには,経営陣も責任を取るべきです!
それがどのような形になるかは分かりませんが。

明日からは平石さんが監督代行とのこと。
昨年はファームで結果を出しましたが,1軍ではどうなることか?
まぁ,この戦力じゃ誰がやっても同じと思いますがね。
あと,戦略室や戦略コーチとやらは,まったく勝利に貢献していないのでなくしてください。
数字が足を引っ張っているような気がします。

ぐだぐだいろいろ書きましたが,まずは平石監督代行のお手並み拝見といきますか。

岸の快投でカード勝ち越し

kage

2018/06/15 (Fri)

昨日の試合結果 E4-0D 岸,エースのピッチングで快勝!

楽天 岸 交流戦通算20勝 防御率はついに1点台「「まだまだ諦めることなく」
 楽天・岸が8回4安打無失点で今季6勝目。交流戦通算でも20勝の大台に乗せた。最速147キロの直球と100キロ台のカーブ。約40キロ差の緩急を使い、4回2死からの4連続を含め、5回まで毎回の9三振を奪い、中日打線を黙らせた。「途中から全体的に良くなってきた。勝てて良かった」と振り返った。

 7回まで味方の援護は1点しかなかった。相手先発は吉見。「対戦が楽しみ」と話していた同い年との緊迫する投手戦が右腕を奮い立たせた。「あっち(吉見)も良かったので先に点を取られたくないと思っていた」。最大のピンチは8回。三好の失策が絡み、1死一、二塁のピンチを迎えたが後続を抑えた。「打たれたら、三好が落ち込むんじゃないかと思って一生懸命投げました」。力投で味方の失敗もカバーした。

 リーグトップの防御率はついに1点台(1・91)に突入。好調の理由の一つが今季、4年ぶりに復帰した佐藤投手コーチの存在だ。「踏み出す足がこっちを向いているから、腕がこうなるんだとか。考え方が自分に合った」。これまでは調整を自身に任されることが多かったが、体を大きく使うための遠投の勧めなど、耳を傾け好調を維持している。

 ホームでの3連戦では今季初のカード勝ち越しとなった。依然、最下位と厳しい状況は変わらないが「まだまだ諦めることなく、みんなで戦って一つでも多く勝ちたい」。18個積み上がった借金を返済していくために。9回も続投を志願した頼もしい右腕が先頭に立つ。


昨日はなんといってもこの人でしょう!
8回被安打4,9奪三振,四死球2の素晴らしい内容でした。
吉見との同級生対決を制し,交流戦通算20勝目!
その安定したピッチングの陰にはヨシコーチのアドバイスがあったんですね~。
さすがエースを育てる名伯楽(^_^)v
伸び悩んでいる若手にもきっちり指導お願いしますm(_ _)m

打つ方は,外国人助っ人が大活躍でした(*^o^*)
初の4番に入ったディクソンが2回に先制打を放てば,8回にはアマちゃんが2ランで喉から手が出るほどほしかった追加点を叩き出しました!
そして,打撃低迷の嶋くんにもタイムリーが出て,この回3点。
これで勝敗は決まりでした(´∀`*)ウフフ

久しぶりの快勝に胸がスカッとしましたよ。
でも,このカード自分が観戦した試合だけ負けるって,どんだけついてないんだ(´Д`)ハァ…

まだまだ借金18の最下位独走状態ですが,一時期のような底は脱したように思います。
今日からは交流戦最後のカードです。
相手はスコアラーの盗撮事件で影響がないとは言えないタイガース(^^;
先乗りスコアラーのデータが十分に提供されないことが考えられるから,つけいる隙は大いにありますよ。

今日の先発は辛島-藤浪。
今日もアマちゃんに期待だな・・・。
それにしてもどんより曇った仙台,これからの天気が心配です(´・ω・`)

一人負けで借金丸抱え

kage

2018/06/14 (Thu)

昨日の試合結果 E3-6D 投壊でパリーグ一人負け

<楽天>近藤、援護生かせず 4失点で2敗目「野手に申し訳ない」
 「投球のリズムをつくれなかった」。東北楽天の先発近藤は打線の援護をもらいながら守り切れなかったふがいなさを悔やんだ。
 ディクソンの来日初本塁打で先制した直後の四回、1死一塁から平田に左中間への二塁打であっさり同点とされてしまった。続く高橋にも高めの直球を中前に運ばれて逆転を許した。
 それでも、1-2の五回にアマダーの一発で振り出しに戻ったが、この同点弾も無駄にしてしまった。
 六回、先頭のアルモンテに内角に甘く入ったチェンジアップを右翼席にたたき込まれ勝ち越された。1死後、平田に右翼線へ二塁打を放たれ、ベンチはここで近藤を諦めた。「あそこは抑えてほしかった」と梨田監督。近藤は「野手に申し訳ない」と肩を落とした。
 その後の救援陣もピリッとしなかった。3番手池田は七回2死満塁から暴投で1点を献上。4番手森は八回に四球をきっかけに大島の右前適時打を打たれ反撃の機運をそいでしまった。
 近藤を含め、起用した5投手全てが四球を出すテンポの悪い展開に、指揮官は「(四球が)多すぎる」と苦言を呈した。
 6日の巨人戦に続き、またもプロ初勝利を逃した「ドラ1」右腕は「直球が決まらず、変化球も良くなかった。早く修正しないと1軍で戦えない」と反省した。


ホーム初登板となった近藤くんですが,とにかく投球リズムが悪かったです。
序盤はランナーを出塁させるも併殺でしのぎましたが,ストライク先行とは行かず苦しいピッチングでした。
いちばんよくないのは,得点した直後に失点すること。
抑えなければ・・・というプレッシャーなのでしょうかね?
そして平田に打たれすぎ!
好調なのでしょうが,同じバッターにやられるのは配球にも問題があるのでは?

昨日は登板したピッチャー全員が四球を出し,全部で四死球7。
特に近藤くんは下で制球を磨かないと勝てませんよ。

打つ方は,ディクソンに待望のHRが出て先制しました。
それにしてもあの打球の弾道がすさまじかった!
ラインドライブがかかった打球がEウィングに一直線ですからね(゚д゚)!
あれを見れただけで満足してしまいましたよ(^^;

そして逆転された後,同点に追いつくアマちゃんのHRはきれいな放物線でした。
どっちもソロなのがもったいなかったですね~。

2-6とリードされた8回はかーくんのタイムリーで3点差。
その後満塁となってバッターはウィーラー。
誰もが東京ドームでのグラスラの再現を願ったことでしょう。
しかし,大きなレフトフライで3アウト(´Д`)ハァ…

昨日はイーグルス以外のパリーグチームが勝ち,リーグの借金を一人で背負うことになってしまいました(ーー;)
ついでに交流戦負け越しも決定です(´・ω・`)
借金は19に逆戻り,自分の観戦成績はついに1割台に突入(ノД`)
昨日は三木谷オーナーも観戦していました。
この結果をどう考えているのか・・・・?
そろそろ動きがありそうですね。

今日は岸-吉見の先発。
絶対勝たねばなりません!