2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

ピンク一色の中,投打噛み合い快勝!

kage

2017/05/15 (Mon)

昨日は母の日。
そのためか,スタンドはピンク一色に染まり,まるで「嶋デー」か?と思わせるようなヤフドでした(笑)

自分はiPhoneを忘れて外出したため,外出先で試合のチェックができませんでした(ーー;)
車のラジオだけを頼りにしていたのですが・・・・。

試合結果 H2-9E 投打が噛み合い快勝!

用事が終わってラジオをつけたら5回表でした。
「ふーん,岸くんはここまでカンペキなのか・・・」とか「ポテさんがHR打ったのね」とか,だいたいの経過は把握できました。
そして,無死満塁でバッターはもぎもぎ,何点かは入るだろうと確信してました。
それがなんとグラスラ!!(゚∀゚;ノ)ノ
寺原の調子が悪いとはいえ,この場面で打つなんて,なんてすごいんだろう~~!!
・・・と,感動すらおぼえました( ;∀;)

<楽天>茂木鮮烈 「人生初」満塁弾
 東北楽天の茂木が1-0で迎えた五回、一振りで勝利を引き寄せた。無死満塁。外角高めの変化球を振り抜くと、打球は左翼テラス席フェンスの上部に当たり、そのまま観客席へと飛び込んだ。「追い込まれていたし、追加点のために犠飛を狙った。強く振ったが、入ると思わなかった」。勝利に貢献しようという必死さが実を結んだ。

 この回、好投の岸を援護しようと、下位打線が奮起した。先頭の島内が際どい判定でセーフになる二塁打を放ち、続く岡島が初球をはじき返し一、三塁。さらに嶋がセーフティースクイズを試みるなど相手を揺さぶり、四球でつないだ。「先輩たちが最高のチャンスをつくってくれた」。勝負強い1番打者は、これ以上ない結果で応えた。

 早くも昨季の7本を上回る8号。「野球人生で初めて」の満塁弾は、母美恵子さんへ最高の母の日のプレゼントになった。「頑張れ」。試合前に美恵子さんから携帯電話にメッセージが来ていた。ヒーローインタビューに立つと「恥ずかしいけれど、いつもありがとうございます。これからも元気で頑張ります」と感謝の気持ちを伝えた。
 「今日は岸が先発なので、茂木の一打で勝利が決定的になった」。梨田監督にとっても茂木は孝行息子だったようだ。


逆方向にHRを打てたのは,フルスイングとボールへの対応力の賜物でしょう。
力投する岸くんへの最高の援護弾になりました(^_^)v

その流れに乗って,1死後銀ちゃんが続きました~~\(^o^)/

【楽天】31試合ぶり銀次が一発!後輩の満塁弾に刺激受けた
 楽天の銀次内野手(29)は14日、開幕戦以来、31試合ぶりの一発を放った。5回2死一塁、ソフトバンクの2番手・飯田から右越え2号2ラン。7回にも2死一塁から右前打を放ち、5打数2安打2打点とソフトバンク撃破に貢献した。5月に入り調子を落としていた安打製造機に、復調の気配が見え始めた。

 高めの直球を、銀次はやや強引に振り抜いた。高く上がった打球は右翼テラス席に飛び込む。5回2死一塁、一挙6点の猛攻を締めくくる2号2ラン。「2ボールになったので、ポイントを前にして振り切った感じ。2ボールになって、しっかり振ってみようと思った」と振り返った。

 不振に陥りかけていた。13日のソフトバンク戦(熊本)まで、5月は打率2割1分2厘。直近の5試合は1割1分8厘と数字を落としていた。「何かがずれてるけど、試合の中でしか分からない。ライト前の方が、自分としてはいいバッティングでした」。7回、フォークをとらえた右前打に、明るい兆しが見えた。

 後輩にも刺激を受けた。今年1月、足立、茂木、三好、下妻と“銀次組”を結成。合同で自主トレを行った。「栄ちゃん(茂木)が打った後だったので、流れに乗ることができました」。結果を出し続ける後輩の満塁弾に続き、ダメ押しの一発を叩き込んだ。

 2位ソフトバンクとの直接対決は1勝1敗。ゲーム差を再び2・5に広げた。「まだ32試合だから意識はしてない。みんなで攻めの野球ができてるから、いい結果が出てると思う」。止まらないチームの勢いに押され、選手会長のバットも再び上昇曲線を描く。


5月に入り,調子を落としていましたが,昨日の一発がきっかけになって復調することを期待しましょう!

そして,ヒーローはなんと言ってもこの人でしょう!

「今日はさすがにないでしょ」―楽天岸、4月に登板回避のヤフオクDで快投
 大黒柱の好投が光った。14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。楽天の岸孝之投手が7回1失点の好投で、無傷の3勝目を掴んだ。中盤までソフトバンク打線を全く寄せ付けず、チームも9-2で大勝。試合後は「今日はコントロールが良かった。だいたい狙ったところに投げられた」と納得の表情だった。

 初回にいきなり先制点をもらうと、左飛、空振り三振、中飛と3者凡退に切る完璧な立ち上がり。6回まで、強力ソフトバンク打線をわずか2安打に封じ、緩急も巧みに織り交ぜ、次々と凡打の山を築いた。リードが9点に広がった7回に、2本の内野安打などで満塁のピンチを背負い、犠飛で1点を失ったものの、大勢に影響はなし。7回4安打1失点。8個の三振を奪い、110球で降板した。

「今日は大丈夫でしょ、と。さすがにないと思っていた」というのは、4月23日のこのカードのこと。先発予定だったが、試合直前のブルペンで腰の痛みが出て、急遽、登板を回避した。3週間前の悪夢を、快投で払拭した。

「連敗はしたくなかったので、それだけを考えていた」という右腕の好投で、2位との直接対決を1勝1敗で終えた楽天。再び貯金14、ソフトバンクとの差を2.5ゲーム差に広げた。


スピードガンの数字こそそれほどではありませんでしたが,キレがよかったのでしょう。
奪三振が8個!
制球も素晴らしく,嶋くんのミットのコースにビシビシ投げ込んでいました。
きっとノリくんの完封に刺激されたんでしょうね。
7回はさすがに疲れが出たのか1失点でしたが,面目躍如のナイスピッチング。
青いグラブと細身のスタイルから,イーグルス時代のクマさんを思い出しました。

その後はトムくん→サブちゃんと続くわけですが,満塁のピンチをよく1失点で切り抜けた・・・という感想ですね~(^^;

なにはともあれ,投げるべき人が投げ,打つべき人が打ち,守るべき人が守り,投打の噛み合ったナイスゲームでした。
今シーズンは連敗しないのが素晴らしい\(^O^)/
連敗は一度だけで今のところカード負け越しはありません。
それがこの好調の一因でありますね(o^-')b

明日からは地方球場でファイターズ戦。
先発は辛島-高梨です。
辛島きゅんは前回の反省を踏まえて投げてほしいです。
あとは,地方球場のマウンドへの適応力が問題だなぁ・・・(ーー;)
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック