FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

小笠原を打ち崩せず

kage

2017/06/03 (Sat)

さて,忘れないうちに昨日の振り返りを書いておくとしましょう。
時間が経つと試合内容を忘れてしまうので・・・(^^;

昨日の試合結果 D6-3E 小笠原に苦戦,完封負けを逃れるのがやっと

<楽天>打線形無し 小笠原を攻めきれず
 東北楽天打線は中日の先発小笠原を攻め切れなかった。おととし夏の甲子園大会優勝投手の2年目左腕に5回2安打無得点と封じられ、梨田監督も「スピード表示以上に球が走っていたし、フルカウントから際どいコースを突かれた」と脱帽した。

 今季3度目の先発でプロ初勝利を目指す古川が四回まで無失点の好投を見せる中、先制機は二度あった。二回2死一、二塁で足立は力なく左飛。四回2死一、三塁では岡島が外角ぎりぎりの厳しいコースに直球を投げ込まれ、見逃し三振に倒れた。
 共にフルカウントまで粘りながらも、要所をうまく締められた格好だ。礒部打撃コーチは「外角を軸に攻めてきている。腰の高さの球をセンター方向に」と指示したが、最後まで攻略の糸口をつかめなかった。3三振を喫した茂木は「真っすぐが力強く、思ったより角度もあった。初めての対戦で後手に回ってしまった」と反省した。

 中日投手陣を打ち崩せないまま迎えた0-6の九回に島内が右翼席へ意地の3ランを放ち、今季初の零敗は阻止した。「大敗するところだったが、最後に何とか点を取れた。これで次戦につながった」と池山チーフコーチ。今季初の6連勝は逃したが、敗戦の中にも光明はあった。


小笠原といえば,おととしの夏の甲子園で仙台育英を破った宿敵です。
育英の借りをイーグルスが返してくれると思っていたんですがねぇ・・・(;´Д`)
主審の微妙なストライク判定のせいもあったのでしょうが,もぎもぎ3三振では打線に勢いがつきません。
球数を投げさせて早めに交代させたのが,せめてもの抵抗でしょうか。

で,小笠原が交代したから,先日のジャイアンツ戦のように打てるかと思いきや,昨日はさっぱりでした(´Д`)ハァ
やっぱり移動日無しでの試合で多少の疲れがあったのでしょうか。
それでも粘って,福谷から3点を取り,守護神を引きずり出したのは収穫です。
昨日は今季初の完封負けを覚悟しましたからねぇ。
島内くん,アッパレだよ(o^-')b

投げる方は,古川くんが5回 被安打3 失点1。
守備に足を引っ張られながらも,よくがんばったと思いますよ。
今日抹消されましたが,またチャンスはもらえるでしょう。

そして「困ったときのトムさん」にバトンタッチするのですが,昨日は神通力を発揮できず(ーー;)
3番手の菅原くんはマウンドが合わなかったのかなぁ。
1イニング3暴投の不名誉な記録を作ってしまいました(´・ω・`)
キャッチャーのシーサーを酷評する人もいますが,ピッチングはバッテリーの共同作業,
キャッチャーばかり責めるのはちょっと違うと思いますよ。
まぁ,結果論ですが,あのワイルドピッチでの失点がなければ,延長に持ち込めたかもしれませんがね。

6連勝は逃しましたが連勝はいつか止まるもの,ここいらで一つ負けるのも気を引き締めるよい機会でしょう。
今日は3本柱の一人美馬くんが先発。
相手がまた初物であるのがちょっと気がかりですが,今日はきっと勝ちます!
そう信じて応援しましょう\(^o^)/
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック