FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

呪縛を解き放て!

kage

2018/04/04 (Wed)

行ってきました,ホーム開幕戦!!
ぽかぽか陽気に誘われて,球場の桜も七分咲き
星野前監督追悼試合ということで,チームの奮闘を期待したのですが・・・

<楽天>岸8回無失点、星野元監督に意地見せた 「最後に勝てればいい」気持ち切り替え
 東北楽天に導いてくれた星野元監督に意地は見せた。本拠地開幕戦の先発を任された岸は勝ち星こそつかめなかったが、8回3安打無失点。「星野さんの背番号77を背負うので、恥ずかしくないピッチングをしたい」。試合前日に意気込んだ通り圧巻の投球を見せた。
 「オープン戦で良かったようにすんなり入れた」。立ち上がりから直球、変化球いずれも切れが抜群だった。6回無安打無四球と完璧だった3月25日の巨人戦のように、四回まで一人の走者も出さなかった。五回に初安打を許したが、低めに鋭く落ちるチェンジアップを有効に使い、冷静にアウトを積み重ねた。
 見せ場は八回1死二塁の場面。代打矢野を見逃し三振に仕留め、巧打者の1番西川には敬遠の選択肢もあったが、勝負を選択。チェンジアップで空振りを奪うと、2球目の141キロの直球で二ゴロに仕留めた。緩急をつけた巧みな投球に梨田監督は「素晴らしい。プレッシャーのかかる試合だったが、責任を十分に果たしてくれた」と賛辞を惜しまなかった。
 降板後はベンチで勝利を願ったが、打線の援護がないまま、九回に守護神松井が打たれ敗戦を見届けた。岸は「とにかく勝ちたかった」と振り返りつつ「でも最後に勝てればいい」と5年ぶりの日本一に向けて気持ちを切り替えた。


辛口で言えば,勝つ気だったのは岸くんだけ・・・・?って感じの試合内容でした。
昨シーズンの夏場の試合を思い起こすような「打てない」野手陣(´Д`)ハァ…
ペギーがいないと得点力がこんなにも落ちるんですね。
特に下位打線が打てない。
かーくん出すなら内田くんでしょ!と思ったものの,外野を守る人じゃないとダメか~(+。+)アチャー
なら,ヒジリーだよね~。なんでヒジリーを上げないのか?!
それから走塁ミス,守備のミスが多い!
・・・・と,文句たらたらで帰宅しました(^^;

岸くんは文句なしの快投でした(o^-')b
昨日は特にストレートがキレていたようで,被安打3,奪三振6はアッパレ!
それだけに勝ち星をつけてほしかった(>_<)
本人は切り替えているようですが,次回の登板試合では大量援護をお願いしますよ!(`ε´)

まっちゃんは・・・・どうしたのかなぁ(ーー;)
失点してからはきっちり抑えたんだけど,なにかちぐはぐ感がありますね。
昨シーズンのケガが癒えていない?フォームがしっくりしない?それともメンタル面?
昨シーズン無双だったツケが回ってきたのでしょうか?
シーズン開幕戦でもセーブ失敗,そして昨日は勝ち越され・・・・。
まっちゃんのメンタルが心配です(´・ω・`)

なんだか「追悼試合」とか「星野さんのために」とかの言葉がよく見られるけれど,そろそろ封印しませんか?
だって選手達は星野さんのためだけに試合をしているわけじゃありませんから。
確かに「星野さんのために」と思う気持ちは純粋なのだろうけど,それが重荷になっているのでは?
言葉はよくないけど,星野さんの「呪縛」から解き放たれて,伸び伸びと試合をしてほしいなぁ・・・。

昨日の試合を見て,そんなことを感じました。

今日は辛島-高梨の先発。
今日こそスカッとした勝利を!!
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック