FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

勝たねばならない試合だった

kage

2018/04/12 (Thu)

なんだか昨日の試合を見ていたときの疲労がまだ残ってます(ーー;)

試合結果 Bs2-2E 延長12回も悔しいドロー

<楽天>松井4度目救援失敗 徒労感残る引き分け
 延長十二回を戦って勝てない徒労感の残る一戦だった。1点リードの九回、抑えの松井が同点を許して逃げ切れなかったのが痛かった。
 先頭のロメロの安打と、続く小谷野の犠打で1死二塁のピンチに。ここでマレーロに鋭い当たりを打たれたが、正面を突く遊ゴロ。2死となり、難を逃れたかと思われた場面、代打伏見に3ボール1ストライクから、真ん中に入ったチェンジアップを痛打され左越え二塁打で追い付かれた。
 試合後の松井は「カウントが悪かったのでストライクを狙ったが…。気持ちの面で(勝負に)負けたわけではない」と気丈に振る舞った。だが、さすがに九回を投げ終えてベンチに戻った後は責任を痛感したか、ぼうぜんとした表情でしばらく座り込んでいた。
 10日に今季初セーブを挙げ、復調の兆しをつかんだ中での今季4度目の救援失敗。梨田監督は「チェンジアップが高かっただけ。それを修正すればいい。さほど深刻に考えていない」と今後の復調に期待し、引き続き守護神の役割を託す考えだ。
 「本当はもう1点取りたかったね」と、直前の九回、嶋のスクイズ失敗などでリードを広げられなかったことを悔やむ指揮官。松井の重圧を軽減できなかったことが不本意そうだった。


まぁ,セーブ失敗のまっちゃんは責められても仕方ないですね。
伏見をナメたわけではないでしょうが,ボール先行では自分のピッチングになりません。
もともと制球がよい方ではないにせよ,どこか違和感があるのではないかと思うような不調ですね~(;´Д`)
監督は配置転換はないと言い切っていますけど,ホントに大丈夫なのか?本人にとってもチームにとっても。

そして,二桁安打でたったの2点しか取れない打線も問題なのでは?
嶋くんに当たりが戻ってきたのは好材料ですが,ペギーが弱点を曝かれたのか調子を落としてます。
そこが心配ですね~(ーー;)

バッティングオーダーは今のものが繋がりがいいと思います。
7番にアマちゃんがいるので,下位打線でも得点が期待できますからね~。
そしてオコエ→島内の流れもOK,もぎもぎとペギーで返してくれれば昨シーズンの強力打線が甦ります。
まぁ,今は幻想ですが・・・・(^^;

結局延長12回のドローで今季初の連勝はならず。
「負けなくてよかった試合」ではなくて「勝たなければいけない試合」だったと思います。
歯車が噛み合わない状態のイーグルス,今はちょっとしたことが引き金となって上手く噛み合うことを期待するしかありません。
ファンは昨シーズン前半の快進撃で「イーグルスは強い」とインプットされたのかも知れませんが,イーグルスはまだまだ常勝軍団ではありませんよ。
そこのところを勘違いしないようにして応援しましょう。

今日の先発は藤平-ディクソン。
昨シーズン,イーグルスはディクソンに対して2勝1敗,苦手ではありません。
今日は打線の強力な援護をお願いしますよ!
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック