2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

サヨナラ負けでカード勝ち越しならず

kage

2018/04/13 (Fri)

昨日の試合結果 Bs3x-2E 今季初のサヨナラ負け

<楽天>投打ちぐはぐ 投手陣、終盤2度援護受けた直後に失点
 投手陣が終盤の2度、貴重な援護を受けた直後に失点した。投打がいまひとつかみ合わないもどかしい形で、今季初のサヨナラ負け。オリックスと並んで再び最下位に沈んだ。
 11日はブルペンがフル稼働で延長十二回を引き分けた。救援陣を少しでも休ませたかった梨田監督にとって、誤算の始まりは七回。先制した直後に藤平が逆転を許した。「藤平が七回まで投げたのはよかったが、もっと長く投げてくれていたら…」と指揮官は苦々しそう。
 七回、痛かったのは無死一塁での守備の乱れだ。藤平は安達がバントした打球の処理を向かい合った嶋に任せた。嶋は二塁送球したが、三好が捕球エラーし、アウトを逃した。続く若月の犠打を挟んだ1死二、三塁、藤平は宗に左越えの2点二塁打を喫した。
 自己最多124球を投げ、七回途中で降板した藤平は「1勝するのは難しい」と首をかしげた。
 九回、3試合連投のハーマンは、先頭の安達に安打を許したのに始まる1死二、三塁を背負うと、ど真ん中に失投した速球で大城に左越えの決勝打を浴びた。「結果を受け入れ、次に生かさないといけない」と神妙な表情だった。
 今季打線の援護が少ない中でも投手陣は粘り続けてきたが、その緊張の糸が少し切れ始めたような敗戦だった。


降板後の藤平くん,非常に悔しそうな険しい表情でした。
「1勝するのは難しい」・・・その通りです。
6回 1/3を2失点のQSも,拙守に泣きました。
ミスをしたら負けるということです。
「エースへの道」は険しいんですよ。
昨日の経験を糧に,これから大きく成長することを期待します。

打つ方は相変わらずなんですが,今江さんの神の手ホームインは見事でした。

<楽天>今江、好走塁で先制点 リクエストでアウト判定覆る
 東北楽天の今江が好走塁で先制点をもぎ取った。遊ゴロの併殺崩れで出塁した七回2死一塁の場面。嶋の右翼線二塁打で一塁から一気に本塁を突き、捕手若月のタッチを巧みにかわして本塁を陥れた。
 相手の好返球でタイミングはアウトに見えたが、本塁直前で減速すると若月がミットを伸ばすタイミングを外し、一瞬の隙に本塁にタッチ。球審は一度はアウトと判定したものの、梨田監督のリクエストで覆った。
 残念ながらサヨナラ負けで白星にはつながらなかった。今江は試合後「先制点を取れたのは良かった」と言葉少なに振り返った。


タイミングは完全にアウト,しかし回り込んでスライディングしながら左手でホームにタッチ!
このところ打つ方でも存在感を見せていましたが,走塁でもベテランの技を見せてくれました(^_^)v
こういうチームを鼓舞する姿はとても頼もしいですね~。

しかし,結果はサヨナラ負け(T^T)
カード勝ち越しはなりませんでした。
これで3勝8敗1分,バファローズと同率最下位です。

まだまだ130試合もある・・・なんて,のんきなことを言ってる場合じゃありません!
この「ボタンの掛け違い」がいつまで続くかは誰にも分かりませんよ。
途中で噛み合うかも知れないし,このままずっと・・・ということだってあり得ます。
目の前の一つ一つの試合を勝っていく気持ちがないと,ずるずる行ってしまいますよ。
ファンは信じるしかないのが歯がゆいです。

今日は強打のライオンズが相手,しかも先発は雄星です(@_@;)
もういい加減雄星にやられるのはカンベン。
あの天敵ちーちゃんをノックアウトしたんだから,一縷の望みはあります。
苦しいときだけど,一戦必勝でガンバレ!!
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック