2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

辛島1球に泣く

kage

2018/05/04 (Fri)

岸さんの完封勝利で勢いに乗りたいイーグルスでしたが・・・・

試合結果 F4-1E 辛島1球に泣く

<楽天>魔の7回 辛島、満塁被弾 得点機に凡打
 両チームの七回1死満塁での攻撃が試合の明暗を分けた。東北楽天は岸が1-0で完封した前日の再現が見え始めた七回、辛島の被弾が痛かった。1死満塁、カウント1-1の3球目、ど真ん中に入った速球を清水に中越えにたたき込まれた。「2球目の直球と同じく、真ん中に甘く入った」と左腕は反省しきり。清水は意表を突かれた形で2球目を見逃した反省から「自分が捕手なら同じ球を求める」と狙った。まさに「一球先は闇」だった。
 100球が目前だった七回、疲れが見え始めた辛島の交代機を見誤った感は否めない。直前の1死一、二塁、梨田監督は佐藤投手コーチをマウンドに行かせたが続投を判断。代打の鶴岡に対し「辛島なら併殺に打ち取れる」と考えた。だが結果は鶴岡に中前打を許し、清水の逆転弾につながった。「長く投げさせ過ぎた。辛島に申し訳ない」と判断ミスを認める。
 逆に東北楽天は、七回1死満塁から茂木、ペゲーロが倒れて無得点。「1、2点でも援護できていたら…」と、指揮官は最少リードの苦しい投球を強いた試合展開を嘆いた。
 5月を連勝スタートできず、低迷期の2005、06年に次ぐ28試合で20敗に到達した。チームはなかなか重苦しい空気を拭い去れずにいる。


結果として辛島くんが打たれてしまいましたが,敗因は点を取れない打線です(`ε´)
11安打でたったの1点とは酷すぎやしませんか?!!
辛島くんが6回までほぼカンペキなピッチングをしていただけに,7回のチャンスで追加点がほしかった。
リリーフ陣が好調なら7回で継投に入ったのでしょうが,軒並み不調ですからねぇ・・・。
辛島続投は苦肉の策として理解できます。
しかし,それも裏目に出てしまい,8,9回で追いつくことさえできませんでした(ノД`)
働けク○打線!!とファンが怒るのも当然です。

でも,ポジ要素もありました。
まずはなんと言っても,この人の奮闘ですね~。

<楽天>今江、大当たり 今季初の4安打
 東北楽天の今江は今季初の4安打と大当たり。4月6日のソフトバンク戦で3安打を記録して以来の猛打賞に、「個人としては結果を残せたので良かった」と振り返った。
 二、四回に続き七回、3本目の左前打を放った。先頭で高梨のカーブをしぶとく左前に運び、その後の満塁機につなげた。1-4の八回には、石川直(山形中央高出)から左中間を破る二塁打を放って2死二、三塁とし、気を吐いた。
 4安打が勝利に結び付かなかっただけに、「次は自分の活躍で、チームを勝たせたい」とさらなる得点機での働きを誓った。


チームが不調なときは,実績の有無にかかわらず調子のよい選手を使うべき。
下降線のアマちゃんを休ませて,ファースト今江でいいと思いますよ。
しばらくスタメン固定してほしいなぁ。

それから,ウィーラー,嶋,八百板がマルチヒットでした。
八百板くんも使い続けてほしいですね。
外野はオコエ,八百板,あとは・・・・(^^;
ペギーはHRを打ったものの3三振(@_@;)
宝くじのような選手を使うくらい余裕があるとは思えないんですけど・・・(ーー;)
タケローも春が過ぎ去りつつあるし,やっぱり岩見待望論が出てきますね~。

そして,もぎもぎは一時3割近いアベレージだったのが.250まで落ちてしまいました(´Д`)ハァ…
ミヨちゃんと併用でいいんじゃないですか?

今日は雄星が相手。
こっちは今季初登板のしおみーが先発。
負けは覚悟してますが,試合はやってみなけりゃ分からない!
諦めず強気で行きましょう,選手もファンも(`・ω・´)
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック