2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

拙攻拙守でいまだ交流戦0勝

kage

2018/06/04 (Mon)

いやはやもう,何と申しましょうか・・・・
昨日のク○試合から24時間ほどが過ぎ,やっとブログを書く気持ちになりましたよ。

昨日の試合結果 E2-3S 拙攻拙守で交流戦初勝利ならず

楽天、交流戦いまだ勝利なし 相次ぐ守乱に肩落とす
 楽天がヤクルトに2-3で敗れて5連敗、12球団唯一の交流戦未勝利を脱せなかった。2-2の8回1死二、三塁のピンチで、遊撃手の茂木栄五郎(24)が痛恨の野選で決勝点を献上した。前進守備で遊ゴロを捕球するも、球が手に付かずに握り替えて捕手へ送球。「グラブの中で球が引っ掛かってしまった。技術不足。投手に申し訳ない」。間一髪間に合わずセーフとなり、リクエストも空振りに終わった。

 逆転を許した4回は、三塁手の内田靖人(23)が傷口を広げた。先頭、1番山田哲の平凡なゴロを捕りきれず失策。続く3番坂口のボテボテの当たりもグラブに当てて内野安打とし、踏ん張りきれなかった。「今日は迷惑をかけてしまった」と下を向いた。

 相次ぐ守乱で、いまだ交流戦の勝ち星に恵まれない梨田昌孝監督(64)は肩を落とした。「(茂木の野選は)ホームでアウトにする隊形で、当然アウトにしなければいけないけど残念。守り勝つというのができていない。(4回も)サードのエラーから始まって2点。ちょっと投手にはかわいそうな失点だった」。11安打を放つも守備が乱れて攻守がかみ合わず、痛い1敗となった。


ホームで3タテくらうとはね┐(´д`)┌ヤレヤレ
最近,毎度毎度同じことを書いているような気がします。

拙攻,拙守!!

敗因はず~~っとコレ!
昨日は11安打を放つもたったの2点で残塁10という拙攻ぶり(´Д`)ハァ…
開いた口がふさがりません。
記録に残らない拙守も毎試合見られるし,集中力が欠如してるんじゃないですか?
あるいは,勝たねばならないという使命感から体が萎縮しているのか?

球場のマウンドが改修され,土が硬くなったということをあちこちから聞きます。
現場には相談なしで行われたらしいという話もありました。
それが,美馬くんやまっちゃんの不調の一因かもしれません。

しかし,それ以上に野手陣が酷すぎる!
日替わり打線は仕方ないにせよ,起用法に???がつくことがあります。
そして守備では球際に弱い・・・・
根性論は好きではないけれど,根性足りないよ!!と思ってしまいますね(´・ω・`)

この惨憺たる状態から抜け出すには,起爆剤が必要。
各方面からの情報によると,岩見くんが昇格するようです。
前回は満足な打席数を与えられなかったので,今度はガマンして打席数を与えてほしいです。

ここまで落ちたのなら,もうどこまでもお付き合いしますよ(^^;
100敗上等!!
失うモノは何もないんだから,がむしゃらに全力プレーを!
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック