2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

一人負けで借金丸抱え

kage

2018/06/14 (Thu)

昨日の試合結果 E3-6D 投壊でパリーグ一人負け

<楽天>近藤、援護生かせず 4失点で2敗目「野手に申し訳ない」
 「投球のリズムをつくれなかった」。東北楽天の先発近藤は打線の援護をもらいながら守り切れなかったふがいなさを悔やんだ。
 ディクソンの来日初本塁打で先制した直後の四回、1死一塁から平田に左中間への二塁打であっさり同点とされてしまった。続く高橋にも高めの直球を中前に運ばれて逆転を許した。
 それでも、1-2の五回にアマダーの一発で振り出しに戻ったが、この同点弾も無駄にしてしまった。
 六回、先頭のアルモンテに内角に甘く入ったチェンジアップを右翼席にたたき込まれ勝ち越された。1死後、平田に右翼線へ二塁打を放たれ、ベンチはここで近藤を諦めた。「あそこは抑えてほしかった」と梨田監督。近藤は「野手に申し訳ない」と肩を落とした。
 その後の救援陣もピリッとしなかった。3番手池田は七回2死満塁から暴投で1点を献上。4番手森は八回に四球をきっかけに大島の右前適時打を打たれ反撃の機運をそいでしまった。
 近藤を含め、起用した5投手全てが四球を出すテンポの悪い展開に、指揮官は「(四球が)多すぎる」と苦言を呈した。
 6日の巨人戦に続き、またもプロ初勝利を逃した「ドラ1」右腕は「直球が決まらず、変化球も良くなかった。早く修正しないと1軍で戦えない」と反省した。


ホーム初登板となった近藤くんですが,とにかく投球リズムが悪かったです。
序盤はランナーを出塁させるも併殺でしのぎましたが,ストライク先行とは行かず苦しいピッチングでした。
いちばんよくないのは,得点した直後に失点すること。
抑えなければ・・・というプレッシャーなのでしょうかね?
そして平田に打たれすぎ!
好調なのでしょうが,同じバッターにやられるのは配球にも問題があるのでは?

昨日は登板したピッチャー全員が四球を出し,全部で四死球7。
特に近藤くんは下で制球を磨かないと勝てませんよ。

打つ方は,ディクソンに待望のHRが出て先制しました。
それにしてもあの打球の弾道がすさまじかった!
ラインドライブがかかった打球がEウィングに一直線ですからね(゚д゚)!
あれを見れただけで満足してしまいましたよ(^^;

そして逆転された後,同点に追いつくアマちゃんのHRはきれいな放物線でした。
どっちもソロなのがもったいなかったですね~。

2-6とリードされた8回はかーくんのタイムリーで3点差。
その後満塁となってバッターはウィーラー。
誰もが東京ドームでのグラスラの再現を願ったことでしょう。
しかし,大きなレフトフライで3アウト(´Д`)ハァ…

昨日はイーグルス以外のパリーグチームが勝ち,リーグの借金を一人で背負うことになってしまいました(ーー;)
ついでに交流戦負け越しも決定です(´・ω・`)
借金は19に逆戻り,自分の観戦成績はついに1割台に突入(ノД`)
昨日は三木谷オーナーも観戦していました。
この結果をどう考えているのか・・・・?
そろそろ動きがありそうですね。

今日は岸-吉見の先発。
絶対勝たねばなりません!
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック